お知らせブログ

中島健太・・・

押しつぶされそうな程のエネルギーを発した作家に出会った。

 

           「洋画家・中島健太」

 

まだ二十代半ばなのだが、全身からエネルギーが漲っている。

このエネルギーは”若さ”から発するだけの単純なものではない。

 

だから、”羨ましい”という感情的なものは湧いてこない。

 

尊敬に値する”努力”が結果として、エネルギーを生み出しているからだ。

しいて言うなら・・・”悔しさを感じるくらいの刺激”をいただいた。

 

ちなみに”押しつぶされる”というのはある意味ホントで

学生時代は”アメリカンフットボール”をやられていたそうで、経歴としても面白い。

首はもの凄く太く、胸から腰、そしてお尻まわりの筋肉が如何にもという体つき。

  

そんな「洋画家・中島健太」をあえて一言でいわせてもらうと・・・

 

 

”分厚い人”

 

 

見た目は勿論のこと、開いて見ても「洋画家・中島健太」という内容がぎっちりと詰まっている。

どっしりとした存在感を持ちながらも、空間において違和感を感じさせない。

 

そして正直、不思議な感覚になった。

 

作家であり、体育会系・・・作家独特な雰囲気を持ち、体育会系の”ノリ”も持っている。

それでいて、どちらにも偏っていないのだ。

 

実のところ、運動部出身の作家は少なくはない。

 

少し話がずれるが、筋骨隆々の人が不器用だとは当然限らないわけで

色んな意味で器用な人はたくさんいる。

 

が、やはり”気質”としては正反対な人が多い「体育会系」と「芸術系」の世界。

 

なので、その人の”本質”として、どちらかに偏るのが普通なのだが、「洋画家・中島健太」・・・

「人間・中島健太」はそれぞれの良い所を、自然にバランスよく持ちあわせているように思えた。

 

体育会系と芸術系・・・”一人コラボレーション”。

 

作品だけでなく、人としても素晴らしいことが、最大の魅力。

また是非とも時間をご一緒したい。

Leave a Reply