お知らせブログ

ちょっとした愚痴・・・

息子も色々なモノに、興味を示す様になってきたこともあり

少し前から、熱帯魚を飼い始めている。

  
 
そんなわけで、水草やお魚を買いに近所の熱帯魚屋さんに行き

色々と教わろうと、店員さんを呼び今回の愚痴につながる・・・

 
 
「熱帯魚初めてなんですが、飼育しやすい魚と丈夫な水草はどれなんでしょう?

「そのくらいはお調べになられてから、飼った方がよろしいのでは?」

正直、この時点で「カチン」ときたのが本音だが、とりあえずかわして平静をキープ。

「子供と飼うので、やっぱネオンテトラとかが良いもんですかね?
「ん~まぁ良いと思う”けど”・・・」

「けど?」なんだその歯切れの悪さ!と、また「カチン」・・・が、まだまだ平静キープ。

「熱帯魚ってデリケートみたいだし、やっぱ難しいものですか?」
「熱帯魚ってのはそういう生き物なの。」

その後、聞かぬ情報、要らぬ説教がなぜか始まり、得たのは”怒り”のみで店を出た。

 
 
今回に似た愚痴は”専門店のあるある話”の括りかと。(一部の専門店ですが)

 
 
要するに、素人相手に「目線を落とした話をしないor出来ない」ということで

必要のない”上から目線”であり、客を不愉快にしかねない接客かと思うのです。

 
 
専門に扱う”プロ”ならば、専門用語や知識を素人でも分かるような表現に変え

お客様と接するのが素敵なお店かと思うのです。(事実、素敵なお店は多々あります。)

 
 
「店が客を選ぶ店」

 
 
何だか色んな意味でも個人的には残念でした。。。