お知らせブログ

御納品施工紹介として

先日、S幼稚園様に創作致しました作品です。

子どもたちの目線で鑑賞出来る童画作品となります。

 

「子ども目線では子どもたちが触ってしまうのでは?」

 

そんなお声もあるかとも思いますが、こちら私たちの特殊な技法にて

鑑賞(見る)だけではなく、触る事が可能となる全く新しい第二のアート

 

「ふれあい童画」という作品です。

 

創作経緯としては、”子どもたちのための絵画”が”童画”であるとの考えから

私たちは子どもたちが興味を引く様な仕掛けや表現を作品に必ず取り込んで

いる中で、多方面より「子どもたちが私たちの作品に触りたがるんです」という

声を多く頂戴しておりました。

 

そこで、少々の違和感を覚えたのが始まりです。

 

子どもなのだから様々な事に興味を持ち、素直な思いから触れたがる行為は自然な事。

なのに、絵画=芸術として触れる事はNGとするのも大切な学びながらも、やはりその

自然に出る欲求や興味を大切にしたい!どうにか出来ないモノか…その思いから創作、

開発に取り組みカタチにしたのが

 

「ふれあい童画」という「触り見る童画」です。

そしてこの思いと、技術に賛同頂いた株式会社ジャクエツ様のご協力があったからこそ

「ふれあい童画」は、子どもたちのもとへと辿り着けました。

子どもたちの笑顔を創るプロジェクトでもある株式会社ジャクエツ主宰の

 

「ART PRODUCT」にて「ふれあい童画」ご覧頂けます。

 

五感は一つでも多く刺激を与えた方が、経験値となり未来に役立つきっかけとなります。

「視覚」のみならず「触覚」も使う「ふれあい童画」には子どもたちに新たな感性の刺激を

与える可能性もあるオンリーワンの芸術です。

 

一人でも多くの子どもたちに笑顔を…。