お知らせブログ

気持ちが落ち着かない日々

個人的な内容にもなりますが、福島のいわき市に祖母が老犬と

暮らしているのですが安否確認がとれました。

 

が、避難所生活をおくる事は避けられず多くの方々同様に

辛く大変な日々をおくっているようです。

 

ここ東京では東北の方々に比べれば被害は少ないものの

これも多くの方同様に気持ちが落ち着けない日々です。

 

そして、被災地の現実を祖母から聞くと、老犬のポチは

避難所には連れていけないとのこと。

 

大勢の被災した方々がいる避難所にペット=家族といえ

共にするのは許可がない限り難しいことは頭では十二分に

祖母も、私も理解しているつもりですが、姿形が違うだけの

同じ命なわけで、本当に辛いことだと思います。

 

ペット達も飼い主の方、当然ながら人々は体感しないと分からない

現実に直面して、必死に生きているんだと思います。

 

連日連夜報道されるTVの在り方に個人的には少し疑問と不満が

あるものの、「家族の守り方」というのは”時と場合によりけり”であると

考えさせられる今の日本です。

 

家族あっての労働で、家族あっての命。

 

祖母の今後、被災地の多くの皆さまを思うと祈るよりも

”出来る行動”と心底思います。

 

元気な祖母に一日でも早く会いたいです。