ページの上部へ

KUMA'S FACTORY

お問い合わせ

会社情報

会社概要
COMPANY

創業

1993年

所在地

〒154-0015
東京都世田谷区桜新町2-15-7 藤和桜新町ホームズ1号

アクセス

田園都市線 桜新町駅 西口より徒歩3分

営業時間

月〜土曜日/午前9時〜午後7時

電話番号

TEL03-6413-0467

主要お取引企業
パートナー
  • 株式会社キッズコーポレーション
  • 株式会社教育芸術社
  • 株式会社くもん出版
  • 株式会社光文書院
  • 株式会社こども保育環境研究所
  • 株式会社ジャクエツグループ
  • 株式会社正進社
  • 瀬味証券印刷株式会社
  • 株式会社全音楽譜出版社
  • 株式会社チャイルド本社
  • 株式会社日本標準
  • 株式会社文渓堂
  • 株式会社メイト
  • 株式会社リブロ など

代表挨拶
GREETING

小野 孝一(株式会社KUMA’S FACTORY代表取締役)

株式会社KUMA’S FACTORY代表取締役

小野 孝一

こどもたちの成長に必要とされる
クリエイティブカンパニーを
目指して。

私たちは、児童教材イラストレーションとグラフィックデザインをメインとする制作会社として1993年に創業致しました。モノクロカット、カラー、表紙、一冊と、一歩一歩の歩みを進め、振り返れば様々な経験と貴重なご 縁を積み重ねてまいりました。
現在では幼児・児童向けの様々なイラストレーション・デザインの他にも、幼稚園・保育園・こども園など、こどもを対象とする環境施設のアートプランニング・施工、保育製作やお絵描きなどの園内研修会まで請け負うこども向けに特化した会社へと成長してまいりました。クリエイティブの専門力と豊富なネットワーク、さらには、共創する発想力が、私たちの大きな特徴になっています。
こどもたちの可能性は無限大です。私たちはこれからも、技術・発想・そして人格も磨き、”こどもたちの成長に必要とされる”クリエイティブカンパニーをスタッフ一丸となって目指し、日々精進してまいります。

経歴

グラフィックデザイナー・イラストレーターとして様々な児童出版物の装丁やデザイン、イラストを手がけながら、中央美術学園イラスト講師理事を20年務めSTUDIO・KUMA(現KUMA’S FACTORY)を創業。童画作家としての活動も本格的に開始。その作品は幼稚園や保育園を中心に延べ5000点以上に及ぶ原画を納め「子どもたちの”指紋”だらけになる作品」と、独特な言い回しで教育者から高く評されている。また童話ミセス大賞受賞作品「くまさんの首飾り」の絵を担当。現在も、画家の枠に捉われない創作意欲は衰えるコトなく、納品数を積み重ね、年間を通じ10000点以上の幼児児童絵画作品の審査委員も務めている。株式会社ジャクエツ様のこども環境の取り組みにも童画作家として参画。

受賞歴等
  • 2005年〜

    東京メトロ児童絵画審査委員を務める

  • 2009年〜

    現代童画会常任委員を務める

TV・ラジオ・出版等の実績

若大将のゆうゆう散歩

社員紹介
STAFF

星野 はるか(チーフクリエイター)

チーフクリエイター

星野 はるか

お客様・子どもたちに
寄り添うクリエイターを
目指して。

お絵描きや工作が嫌いなこどもは居ません。ところが環境的影響がネガティブに働くと、たちまち苦手意識を持ち始め、描く線には力強さがなくなり、大胆な構図や色使いも影を潜め、本来は自由に取り組んでいた創造力や表現力を養い育む大切な時間から楽しさが感じられなくなると、こどもたちは当然のように離れていきます。それは、結果として大人になってもその苦手意識を引きずってしまう。事実、お絵描きや製作研修会などを通して聞いてみても「昔から苦手で」といった声も大変多く耳にします。ですので、特に幼少期の内は”上手くより楽しく”にポイントをしぼった環境作りはとても大切になります。私は様々な制作経験をさせて頂いている一人のクリエイターとしても、二児の母としても、あったらいいな、いたらいいな、など、創造したり表現したりする自由な楽しみを、作品や関わりを通じて沢山のこどもたちに伝え示せる作家を目指していきたいと考えております。

経歴

童画、造形、イラスト、デザイン。教科書や児童出版物のイラストレーションから、笑顔と想像溢れる保育環境づくりまで、豊富な経験と確かな実績を持つこども向けクリエイティブの専門家。
株式会社ジャクエツ様のこども環境の取り組みに童画作家としても参画。
また、保育製作講師として保育者2000人以上への指導実績も持つ。

受賞歴等
  • 2017年

    全国ジャンボ宝くじ図柄デザイン年間優秀賞

  • メイト サマースクール造形講師

  • 道灌山学園保育福祉専門学校特任製作講師

  • ジャクエツスキルアップセミナー製作講師

TV・ラジオ・出版等の実績
  • 先生のための毎月の製作ラクわざガイド ラクチンわざアリ(ひろばブックス)
  • 若大将のゆうゆう散歩

小野 祐真(アートディレクター)

アートディレクター

小野 祐真

アート×遊び心
笑顔溢れる環境づくりを
目指して。

こどもたちは純粋。だからこそ、与える影響や過ごす環境で膨らむ想像力は、大きさもカタチも異なるモノを生み出します。例えば、怖い夢を見た後。そんな時は、不安な想像が膨らみ、過ごし慣れた空間にあるはずもない恐怖を生む。一方、ワクワクする方向に導けば、 純粋な想像力は、常識にとらわれない発想力となって、後に”新たなモノを生み出す創造力”へと変わる。そんな考えに基づき、私はこどもの環境づくりの現場をお手伝いさせて頂いてます。その中で、大切にしていることは、楽しい想像を膨らませるための”仕掛け”となる”遊び心”を加えること。純粋な想像力は、こどもらしさとも言えるように、溢れる好奇心もまた、こどもらしさだとも思います。「こどもたちの環境をもっと楽しく!」「こどもたちの想像をもっと豊かに!」「こどもたちの未来をもっと明るく!」これら3つをミッションに、こどもたちの笑顔が生まれる新しいことに積極的に挑戦していきたいと思っております。

経歴

DTP、企業広告を中心に手掛けるグラフィックデザイナーとして15年の現場経験を経て、アートディレクターに就任。触れる童画・光る童画・動く童画・色のない童画などなど、常識にとらわれない発想力で、こどもたちの好奇心に応えるアート企画作品を数多く発表。企業様を通じて1000ヶ所を以上の幼稚園・保育園・こども園のアートプランニング実績を持つ。近年は、文字の読めない低月齢児向けの注意喚起や行動促進にも繋がる環境デザインツールの開発や、障害者支援施設など、個性・機能面・精神面も視野に入れたより良い環境づくりにも積極的に取り組んでいる。

TV・ラジオ・出版等の実績

若大将のゆうゆう散歩・TOKYO MX「JUNHO(From2PM)のSAY YES~フレンドシップ~

パートナ紹介

社会福祉法人あいのわ会福祉会 施設長
東京都社会福祉法人経営青年会 副会長

アドバイザー
市原 純哉

「可能性は無限大」
重度のハンディーがある大人や子どもは「見る」「聞く」「触る」と言った感覚がとても大切です。アートにはその感覚がギッシリと詰まっており、彼らの自己表現の方法や生活の一部にもなっています。
KUMA’S FACTORYの長年の取組みは、ハンディーのある人々の「QOL(クオリティーオブライフ)」を高める為に必要な要素が詰まっていると感じます。これからの益々の発展に期待します。

電話でのお問い合わせ

TEL03-6413-0467

営業時間:月〜土曜日/午前9時〜午後7時

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームへ