子どもたちの笑顔を作るために、私たちは創り
子どもたちに笑顔を与えるために、私たちは努力する

代表取締役 小野孝一

KUMA'S FACTORYとは?

  • キッズ環境に関する
    専門的な制作物の
    ご提供
  • より良い
    プランニング・施工
  • 幼児児童
    教育出版物向けの
    イラスト&デザイン
  • 保育士を専門とする
    製作指導

これらをワンストップで行える培った”対応力”と、創業40年以上の”専門力”を
多種多様のスペシャリストとチームになり、お客様にとってのベストなカタチを
ご提供致します。

子どもの明るい未来と笑顔を創る!

この理念を胸に、私たちはこれからもクリエイティブを通じて、
子どもたちが健やかな成長を育む”モノ”と”コト”を生み出す
”創作企業”を目指します!

KUMA図 共創共存共栄の考えから常に新しいカタチを提案提供する流れ

代表ご挨拶

小野孝一(Kouichi Ono)

株式会社KUMA’S FACTORY代表
小野孝一(Kouichi Ono)

現代童画会常任委員・東京メトロ児童絵画審査委員

  • ▼製作会社にてグラフィックデザイナー・イラストレーターとして23年勤務後独立幼児児童教育出版物向けの製作を請負う屋号「スタジオ・くま」開業。
  • ▼中央美術学園評議委員・講師・理事として20年務めた後「スタジオ・くま」改め株式会社 KUMAʼ S FACTORY 創業。
  • ▼講師として作家として、そして経営者として独自の多角的な経験から若いクリエイターの人望も厚く、一作家としても進化を続け、作品を発表。→現在に至る。

ご挨拶

「より良い人生を。」

子どもたち一人一人が思い描くこれからの人生を、是非素晴しいモノにしてほしいと心から思います。
そのために欠かせないのは、豊かな想像力です。

ただ、それを学ぶための参考書は存在しない、そして正解もない、だからこそ幼少期から様々な芸術作品や、生き物たちと多くふれあい、情緒と感性を育むことが、豊かな想像力を身につけるには重要なのです。

私たちは、子ども向けに培った発想力・技術力と、多種多様のアーティストやスペシャリストとの繋がる組織力で、子どもの豊かな未来をつくるお客様をスタッフ一丸となりお手伝い致します。

メインスタッフご挨拶

星野はるか(Haruka Hoshino)

株式会社 KUMAʼS FACTORY チーフクリエイター
星野はるか(Haruka Hoshino)

  • ▼子育てや教育・児童出版物向けのタッチを得意とするイラストレーターとしてプロの歩み をスタート。その後、子ども向けに特化した専門力をより高め、保育製作物の提供・案、 子ども環境向けの童画制作・企画など、創作の幅をひろげ、数千枚を超える原画納品実 績を今なお積み上げている。
  • ▼その他「全国ジャンボ宝くじ」全5シリーズ・合計十数回の採用実績も併せ持つ。
  • ▼また、未就学児のアート教育にも力も注いでおり、独自の”子どもの想像する力を伸ばす” コンテンツ開発などにも取り組む二児のママクリエイター。

ご挨拶

「見てくれる人を笑顔に」

これが作家として、私が一番大切にしている思いです。
人は幸せを感じると笑顔になります。それは大人も子どももみんな一緒。どんな形でも良い…額に入った絵、本に載っているイラスト、バスに描かれた絵、さらりと描いたらくがき、「かわいい!」「すごーい!」「みせてみせて!」そう興味を持ち、笑顔になる子どもの姿を見ると、周りにいる全ての人が笑顔になります。

子どもの笑顔は宝物!母となり実感しました。
少しでも、笑顔が増えるように、沢山の幸せが増えるように、アートを通して、子どもを囲む環境に溢れる笑顔が生まれる作品を創りたいと思ってます。

小野祐真(Yuma Ono)

株式会社 KUMAʼS FACTORY アートディレクター
小野祐真(Yuma Ono)

  • ▼2000年
    企業様向けの広告デザイン・ブランディングデザインを得意とするグラフィックデザイナーでプロとしての歩みをスタート。
  • ▼2002年〜現在
    くもん出版様の世界五カ国の子どもたちが学ぶ2年半に及ぶ英語教材プロジェクトにDTPデザイナーとして参画し単独で扱ったデータは30000点を超し、以後様々なデザインの現場経験を積みアートディレクターとなる。
    「子どものためのアート」をコンセプトに、触れ合える動物園からインスピレーションをうけた”触れる原画”「ふれあい童画」を発表すると協力企業様の多大なサポートをうけ、”子ども向けの環境アート”へと発展し全国の園環境に着実な広がりを進めている。新たな挑戦は「色・形・光・音」などを組み合わせたアート的アプローチで、衝突や転倒など子どもの日常的な怪我を減らす取り組みに注力している。

ご挨拶

「ペン一本で笑顔は創れる!」

息子が骨折をした時、父である私が出来たことは励ますだけ。が、妻はギブスに絵を描き、痛みに歪む息子の顔を笑顔にしてみせました…たった一本のペンで。アートの可能性と描く目的の重要性を改めて感じた瞬間でした。

私は描くことは今も得意ではありませんが、その時から二児の父として息子と娘にせがまれる「ねぇ描いて!!」に応えてみたくなり、少しだけ絵を練習した今では公園に落ちている木の棒一本でも子どもを笑顔に出来る!とまで思っています。描くことは子どもを笑顔にする最も手軽で有効なコミュニケーションの手段になるんです。

これからも初心を忘れず、アートの世界に携わる者としても、環境や心を豊かにするだけではないアートのさらなる可能性を追求、探求して子どもの笑顔を生み出したいと考えております。

実績

    • 保育園・幼稚園環境向け童画制作
    • 保育者向け製作&お絵描き指導
    • 保育出版物の製作・案
    • 幼児児童教育出版物向けイラスト制作
    • 子ども環境向けアートプランニング・企画
    • 小児科向けのデザイン企画・プランニング

<コンペディション実績として>
宝くじ図柄デザイン通算採用50回以上。内、全国ジャンボ宝くじ14回全シリーズ採用
くじ

<著作物として>
毎月の製作「ラクわざガイド」
スクリーンショット(2014-11-21-15.02.14)

会社概要

社名 株式会社 KUMA’S FACTORY(クマズファクトリー)
企業理念 子どもの明るい未来と笑顔を創る
事業内容
  • 幼児児童出版物向けのイラスト、壁面制作、提案及び制作
  • 幼稚園/保育園環境向けの童画委託販売
  • 子ども向けデザイン企画(園バス/遊具/空間etc)
  • こども環境専門とするアートプランニング・プロデュース
  • オリジナル絵本製作
  • オリジナル商品の制作、提案及び販売
  • 美術教室、講習会、セミナー等の講師の紹介及び派遣
  • 人材の教育訓練、指導及び育成、アートコンサルタント事業
  • カルチャースクール、学習塾、レッスン教室等の経営
  • 作家の養成及びその作品のマネジメント及びプロモート業務
制作環境 住所 〒154-0015 東京都世田谷区桜新町2-15-7 藤和桜新町ホームズ1号
営業時間 月〜土曜日/午前9時〜午後7時
電話 03-6413-0467(FAX同じ)
主要お取引企業

パートナー

(あいうえお順)

  • 株式会社イメージ・マジック
  • 株式会社WAVE
  • 株式会社エー・ディーアンドシー
  • 株式会社キッズコーポレーション
  • 株式会社公文出版
  • 株式会社光文書院
  • 株式会社ジャクエツ
  • 瀬味証券印刷株式会社
  • 株式会社全音楽譜出版社
  • 株式会社正進社
  • 株式会社チャイルド社
  • 株式会社メイト
  • 株式会社文溪堂
  • 株式会社日本標準
  • 株式会社YMG1
  • ワンダーランド事務所(パートナー)

Studio・Office

〒154-0015
東京都世田谷区桜新町2-15-7
藤和桜新町ホームズ1号
TEL: 03-6413-0467
営業時間:月〜土曜日/午前9時〜午後7時
展示室は午後6時

※作品展示ギャラリー併設してございます。
こちらどなた様でもご高覧頂けます!
お近くにお越しの際は是非お立ち寄り下さい。
製作・講習のご相談もお気軽にどうぞ♪

お問い合わせ

不明な箇所やお申し込みに関しましては、
問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせ下さいませ。

お問い合わせはこちら