ページの上部へ

KUMA'S FACTORY

お問い合わせ

会社情報

会社概要
COMPANY

創業

1993年

所在地

〒154-0015
東京都世田谷区桜新町2-15-7 藤和桜新町ホームズ1号

アクセス

田園都市線 桜新町駅 西口より徒歩3分

営業時間

月〜土曜日/午前9時〜午後7時

電話番号

TEL03-6413-0467

主要お取引企業
パートナー
  • 株式会社キッズコーポレーション
  • 株式会社教育芸術社
  • 株式会社くもん出版
  • 株式会社光文書院
  • 株式会社こども保育環境研究所
  • 株式会社ジャクエツグループ
  • 株式会社正進社
  • 瀬味証券印刷株式会社
  • 株式会社全音楽譜出版社
  • 株式会社チャイルド本社
  • 株式会社日本標準
  • 株式会社文渓堂
  • 株式会社メイト
  • 株式会社リブロ など

代表挨拶
GREETING

株式会社KUMA’S FACTORY代表取締役 小野 孝一

株式会社KUMA’S FACTORY代表取締役

小野 孝一

こどもたちの成長に必要とされる
クリエイティブ企業を目指して。

私たちは、児童教材イラストレーションとグラフィックデザインをメインとする制作会社として1993年に創業致しました。モノクロカットひとつから歩みを進め、振り返れば様々な経験と、巡り合う貴重なご縁を積み重ねてまいりました。
現在では、保育施設や保育空間のアートプランニング、保育製作の園内研修など、こどもたちが対象となる幅広いクリエイティブ事業を展開しており、培った幅広いクリエイティブの専門力と豊富なネットワークをひとつに共創する発想力が、私たちの大きな特徴になっています。
こどもたちの可能性は無限大です。私たちはこれからも、技術・発想・そして人格も磨き”こどもたちの成長に必要とされる”クリエイティブ企業となるようスタッフ一丸となり、日々精進してまいります。

経歴

中央美術学園イラスト講師理事を20年務めながらSTUDIO・KUMA(現KUMA’S FACTORY)を1993年創業。同年より童画作家としての活動も本格的に開始。独自の凹凸あるマチエルが大きな特徴となる作品は、幼稚園や保育園を中心に5000点以上に及ぶ原画を納める。年間を通じ10000点以上の幼児・児童絵画作品の審査委員も務め、近年は若手アーティストの育成やアート教育支援にも力を注ぐ。

・株式会社ジャクエツ様のこども環境事業にも童画作家として参画。

受賞歴等
  • 2005年〜

    メトロ児童絵画審査委員を務める

  • 2009年〜

    現代童画会常任委員を務める

  • 2020年〜

    メトロ文化財団理事を務める

  • メンバー紹介
    STAFF

    プロデューサー 小野 祐真

    プロデューサー

    小野 祐真

    誰の作品であることより、
    誰のための作品であるか。

    KUMA’S FACTORYは、一言で表すと”モノづくりが好きな集団”です。

    描くことや、創ることがとにかく好き!そんな人間が集まっています。だからこそ、こだわりも強く、個性や感性もさまざまです。ただ、私たちには共通したひとつの理念があります。それは「私たちが創りたいのは、モノではなく笑顔」です。

    この想いが前提にあるからこそ、KUMA’S FACTORYの人間は、個性や感性はある意味バラバラでも、喜んでもらうカタチを想像し、さまざまな創造をすることができる。と、私は確信してます。

    KUMA’S FACTORYは、色とりどりの個性たちと心もひとつに、あらゆる力を最大限にして、たくさんの笑顔を生み出すクリエイティブ企業を目指しています。

    経歴

    前職はバーテンダーという経歴を持つ。故に相手の長所や好みを見つけるのことが好きであり得意としている。イラレやフォトショなどは店舗のチラシやメニュー作成を行う中で身につけ、現職になって以来は約15年DTPや企業広告を中心に手掛けるグラフィックデザイナーとして制作の現場を経てアートディレクターに就任。様々なモノ・コト・ヒトを組み合わせて新しい視点や発想を生み出すことが自分は得意であり好きなのだと知る。近年は常識にとらわれない発想と幅広いネットワークを活かしながら、保育施設やこども環境をメインにアートの企画、アートプロダクトの開発他、スヌーズレン空間やインクルーシブ空間などの幅広い空間デザインにも注力し、多様な社会に貢献を目指す新たなアート在り方を探究中。

    チーフクリエイター 星野 はるか

    チーフクリエイター

    星野 はるか

    子どもの成長に
    寄り添うクリエイターに。

    私は子どもの頃から描くことが大好きでした。ただ、美術の専門学校に入ると技術も表現も高いレベルの方が本当にたくさんいて、自分の気持ちを見失うほどに挫折もしました。ですが、今こうして描き続けてこれたのは、作品を通じて大切な人たちの笑顔が生み出せた!そんな小さな成功体験を当時たくさん積み重ねられた環境と経験が幸いにもあったからと私は思っています。
    人が環境を創り、環境が人を創る。だからこそ、表現手法に拘ることよりも、できる限り伝わりやすく、そして楽しく、明るく、元気もよく!笑顔と想像が膨らむアートワークを心がけています。

    経歴

    幼児・児童教材や国内外の小学校教科書をメインに挿絵やイラストレーション、保育製作の製作・企画・監修・指導、さらには、幼保環境に向けた絵画、壁画、デザインなど。”こどもを対象”とした幅広いアートワークに精通し、手掛けた作品の総点数は30000点以上にも及ぶ。また、少し変わった経験実績として、みずほ銀行主催「全国ジャンボ宝くじ」全シリーズの図柄を担当するなど幅広い経験と確かな実績を持つ。近年は、クリエイターとして培ったノウハウを活かし、幼児と保育者をメインにアートの教育支援にも尽力する。

    ・株式会社メイト主催「サマースクール」造形講師
    ・道灌山学園保育福祉専門学校特任製作講師
    ・株式会社ジャクエツ主催「スキルアップセミナー」イラスト造形講師
    ・埼玉県主催2021年「保育士就職フェア」製作講師
    ・株式会社ジャクエツグループに童画作家として参画

    受賞歴等
  • 2016年度

    みずほ銀行主催「年末ジャンボ宝くじ」図柄デザイン年間優秀賞受賞

  • TV・ラジオ・出版等の実績 2015年度「先生のための毎月の製作ラクわざガイド」株式会社メイトより発売

    映像クリエイター 星野 慧

    映像クリエイター

    星野 慧

    アナログ×デジタル
    ハイブリッドな想像空間を

    子どもは動くものに興味が向きやすいと思います。
    KUMA’S FACTORYは、昔から童画という表現を扱っていて、絵具で描くというアナログな面があります。ですが、昨今ではデジタル化の流れは加速し、この流れは止まることはありません。ただ、そんな流れの中でも、どちらかに偏ることはないとも私たちは考えています。
    実際にペンを握り、紙を折ったり、ちぎったりと幼児期であれば尚のこと、モノやコトとの触れ合いや関わりを通じて五感を刺激することは豊かな想像と感性を育むためには必要不可欠だと思います。
    だからこそ、それぞれの良さを活かし、それぞれに興味関心を持てる作品や環境を作っていきたい!私はそのように考え、アナログとデジタルの両立を目指し取り組んでいます。

    経歴

    音響・映像撮影・編集を学び、2011年入社。KUMA’S FACTORYの動画撮影と編集を担当。また、手先の器用さが買われ保育メディアにも製作演者としても出演中。現在は子どもたち、保育者様がより楽しく!そして分かりやすい製作メディアの立ち上げ準備中。

    クリエイター 三上 葉

    クリエイター

    三上 葉

    想像を現実に。

    私は、今まで絵本、アニメーションと子ども向けた絵のお仕事をしてきました。
    KUMA’S FACTORYのメンバーとして、また新たな形で子どもと関わるお仕事ができてとてもやりがいを感じています。今までの自分の経験を活かし、未来ある子どもたちのために、沢山の挑戦をし、素敵な場を提供していければと思います。

    経歴

    武蔵野美術大学油絵科卒。代々木アニメーション背景美術科卒。東映アニメーションで背景美術を中心に、子どもたちに大人気アニメの背景ビジュアルを数多く担当。その後、フリーランスとなりKUMA’S FACTORYへ。豊かな表現と知識、確かな技術を活かし、コンセプトパースを中心にKUMA’S FACTORYのアートワークを支える。

    スマイルクリエイター KUMAile

    スマイルクリエイター

    KUMAile

    笑顔が大好き!

    はじめまして!僕の名前はKUMAile(くまいる)です。”笑顔を創るKUMA”というのが名前の由来です。

    経歴

    2010年ごろドイツから日本へ。KUMA’S FACTORYが取り組む笑顔づくりを雨の日も風の日も雪の日もいつも変わらぬ笑顔で支えてくれるくまさん。

    パートナー紹介

    社会福祉法人あいのわ会福祉会 施設長
    東京都社会福祉法人経営青年会 会長

    アドバイザー
    市原 純哉

    「可能性は無限大」
    重度のハンディーがある大人や子どもは「見る」「聞く」「触る」と言った感覚がとても大切です。アートにはその感覚がギッシリと詰まっており、彼らの自己表現の方法や生活の一部にもなっています。
    KUMA’S FACTORYの長年の取組みは、ハンディーのある人々の「QOL(クオリティーオブライフ)」を高める為に必要な要素が詰まっていると感じます。これからの益々の発展に期待します。

    株式会社KUMA’S FACTORY
    ジョイントアーティスト集団

    ジョイントアーティスト
    C-DEPOT

    アート=多様性
    「C-DEPOT」とは、絵画、立体、映像、写真、メディアアート等の様々なジャンルを専門分野とするアーティストによって構成されたアーティスト集団である。同世代であるが故に共有する現代における問題意識を、それぞれの視点で表現するため、2002年、金丸悠児と杉山治によって結成された。

    19世紀後半、絵画、彫刻、建築といった従来の優越的なジャンルと、デザイン、工芸、ファッションなどの実用美術の領域を連結させ、近代的な総合芸術の確立を目指した「ウィーン分離派」。それと同様に、C-DEPOTは 「アート=多様性」を理念に掲げ、アーティストと社会の架け橋を作り、表現活動によって得た対価をいかに社会に還元するかを、インディペンデントな活動を通して提案し、実践し続けている。

    電話でのお問い合わせ

    TEL03-6413-0467

    営業時間:月〜土曜日/午前9時〜午後7時

    メールでのお問い合わせ

    お問い合わせフォームへ