MEMBER

メンバー紹介

一人ひとりの手法と個性を生かしながら
チームワークで課題解決を目指します。

代表取締役/プロデューサー

小野 祐真

YUMA ONO

  • Instagram
  • twitter

想い

私たちが創りたいのは、たくさんの笑顔です。

KUMA’S FACTORYは、一言で表すと“クリエイティブ集団”です。描くことや創ることがとにかく好きな人間が集まっています。そのため、一人ひとりのこだわりも強く、個性や感性もさまざまです。しかし、その多様性こそが私たちの強みであり、創造の源泉です。

私たちには共通した一つの理念があります。それは「私たちが創りたいのは“モノではなく笑顔”」ということです。この理念があるからこそ、私たちは単なるモノづくりにとどまらず、人々の心を動かし、喜びを生む作品や体験を提供することができるのです。

具体的には、保育園や幼稚園、こども園におけるアートプランニングや児童教材書籍のディレクションなど、子どもたちの成長と笑顔に繋がるプロジェクトに力を注いでいます。また、建築、障がい福祉、音楽、食などの異業種とのコラボレーションを通じて、新たな価値を創造することにも挑戦しています。

私たちが創るものは、多くの笑顔を生み出すための手段です。そのため、どんなに個性や感性が異なっていても、喜んでもらう形を想像し、さまざまなモノやコトを創造することができると確信しています。この想いを胸に、これからも多くの笑顔を創り続けていきたいと考えています。

経歴・実績

2004年に株式会社KUMA’S FACTORY(旧:イラスト&デザイン制作事務所STUDIO・KUMA)に参画し、デザイナーとして企画およびグラフィックデザインを中心に15年間従事しました。その後、アートディレクターとして、児童教材書籍のディレクション、保育製作の企画立案、保育園・幼稚園・こども園を主な対象としたアートプランニングに携わり、保育と子どもの学び・あそび・育みに関するさまざまな案件に取り組んでいます。

また、「競争」より「共創」を合言葉に、アートやデザイン分野にとどまらず、建築、障がい福祉、音楽、食など、多岐にわたる異業種との共同プロジェクトを積極的に推進しています。2011年3月31日、前代表の小野孝一(創業者であり父)と共に株式会社KUMA’S FACTORYを法人化し、プロデューサーに就任しました。

父から受け継いだノウハウと、多彩な仲間と共に新たな創造性と知恵を基に、保育者向けの各種研修、保育環境のデザイン、ブランディングサポートなど、広範なサービスを提供しています。そして、2022年に代表取締役に就任し、現在に至ります。